みどり会

焼き芋交流会

富山大学附属幼稚園のお父さんで企画した「焼きイモ交流会」を21日、園庭で開きました。父子を中心に約30家族、100人余りご参加いただき、砂場の整備や植栽の手入れなど、園庭の環境整備に汗を流すとともに、皆さんで持ち寄ったイモをその場で焼いて、秋の味覚に舌鼓を打ちました。

園庭整備では、スコップや植木ばさみなどを手際良く扱う姿があちこちでみられ、砂場や植栽が次々と見栄え良く仕上がっていきました。火起こし体験にも、多くのご参加をいただきました。火起こし機を懸命に動かすお父さんからは「明日、大丈夫かなあ」と両腕の筋肉痛を心配する声が上がるほどの奮闘ぶりで、子どもたちも興味深そうに見つめていました。 焼きイモづくりには、多くの方に協力をいただきました。100個以上のイモを焼くというこれまでにない経験で心配もありましたが、お父さんの「力」と「知恵」が数多く寄せられ、無事焼き上げることができました。ただ、「まだ生焼け」と子どもたちから〝焼き直し〟を命じられたイモもありました。今回の焼きイモでお父さんの中からは「コツが分かった」と自信を深めた発言も聞かれています。次回はよりおいしい焼き芋をつくることができると考えています。

今回の焼きイモ交流会は、附属幼稚園で初めて父親が主体となって企画したイベントになります。これまで父親の幼稚園活動参加といえば父兄参観的なものが中心で、どちらかといえば、母親が主体になりがちでした。父親ならでは強みを生かすことで、幼稚園の活動充実に寄与できればと、自然発生的にスタートしたものです。今後の具体的な組織体制や活動は何も決まっていませんが、逆にいえば、その都度ごとに有志が集まってどなたでも参加いただけるような活動の輪を広げていきたいと思っています。今後とも皆様のご理解とご協力をいただければ幸いです。

最後になりましたが、今回の開催にあたっては、みどり会や幼稚園をはじめ、多くの方々のご協力をいただきました。あらためてお礼を申し上げます。

100059_01.jpg 100059_02.jpg

反省会のご案内

今回の焼きイモ交流会では多くのご参加をいただきありがとうございました。次回の活動に向けて、交流会の運営を振り返るとともに父親同士の交流や情報交換を進めるため、下記の日程で「反省会」を開きたいと思っています。今後の活動についてもざっくばらんに話したいと思っています、ご都合で焼きイモ交流会に来られなかったお父さんもお気軽にご参加ください。詳細な内容、会費、出欠の希望などは別途ご案内いたします。

◇「焼きイモ交流会」反省会
日 時:11月9日(金)午後6時半
場 所:総曲輪フェリオ(富山大和)6階ロイヤルルーム

ページトップへ