みどり会

ぬいぐるみ病院

12月12日(火)富山大学医学部、薬学部の「国際医療研究会」と「小児科訪問サークル青い鳥」の学生を迎え、年長児を対象に「ぬいぐるみ病院」が行われました。

ぬいぐるみのお父さん、お母さんやお友達になりきった子どもたちは、初め緊張気味に来院していましたが、大好きなぬいぐるみのため、真剣な表情を見せてくれました。

診察を終え、お薬をもらい、保育室に帰っていく、子どもたちのぬいぐるみの抱き方や、見つめる瞳は優しく、温かくなっていた気がします。

 外は雪が降っていましたが、子どもたちの大切なものを思いやれる優しさに、心温まる一日でした。


100533_01.jpg


100533_02.jpg


ページトップへ